オプトインメール広告FAQ
ブロードリーチ、ターゲティングリーチ・・・狙いを明確に!
堀越がお客様のオプトインメール広告に対する疑問、質問に簡潔にお答えします!

Q.多くの人に効率よく広告を見せるためにどうしたらよいでしょうか?
A.ブロードリーチのメール広告がおすすめです。
数十万単位の会員数を持つメールマガジンの広告枠に広告を掲載します。一回の配信で50万件から最大300万件以上の配信件数が可能なので短期間で幅広い層に告知をはかることができます。iswebメール(infoseek)、まぐまぐ(マグクリック)などがおすすめです。

Q.特定のユーザーに絞り込んで広告を配信したいのですが、良い方法はありますか?
A.ターゲティングメールがおすすめです。
ユーザーリストの中から性別、年齢、職業、住所、趣味などの複数の項目から、広告を伝えたいユーザーを特定して広告配信ができます。項目を増やすほど配信見込み件数が少なくなりますが、それだけターゲットを絞り込めたと言うことができます。
Yahoo!デリバーターゲティングメール、infoseekターゲティングメール、NikkeBPターゲティングメールなどがあります。

Q.どのような広告が反響が良いのでしょうか?
A.シンプル イズ ベスト!です。
広告枠は1行35~38文字、5行~10行の制限があります。文字で多くのことを伝えようとすると、かえって読者に読み飛ばされてしまいます。短い文章で、誰に伝えたたいのか、どのような人に役立つのかを手短に伝えることが大切です。また「今だけ」「ここだけ」といった期間限定をアピールすのも高い反響を獲得する良い方法です。

Q.広告料金はどのようにきまるのですか?
A.一回の配信単価×配信件数できまります。
ブロードリーチの広告の媒体の場合は配信件数が多い分、配信単価は一件あたり1円以下と低く設定されています。ターゲティングメールの場合は一件あたりの配信単価が高い反面、広告主の希望する絞り込んだ対象にむけて広告配信が可能です。
事例1:
レンタルサーバー会員獲得のためにプレゼントキャンペーンを実施。
「いろいろもらえちゃう通信」(DeNA社 約82万通)で広告を配信。
2,000件の反響がありました。

事例2:
ショッピングモールの入会キャンペーンとして「Chance It!」(チャンスイット社、79万通)
で広告を配信。
1,500件の反響がありました。